FC2ブログ

プロフィール

kensay

Author:kensay
バスケットボール経験なしではあるが、サッカー・野球などが趣味であり
動ける30代を維持するために日々精進中
もっち・みっちの父


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Let's go


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
ヴィッキーズ最終戦の後、行われたセレモニー。
今シーズン限りで引退する選手の引退セレモニーだった。
このメンバーで戦うのは今日が最後の試合と言うことだ。

引退した選手は、

#14 タカ
まさに大黒柱と呼ぶにふさわしい活躍を見せてくれた。幾度となくチームを救い勝利を引き寄せてきた。高さとパワーを兼ね備え、存在感抜群のプレイだった。

#7 エリ
いつもひたむきにバスケに向き合う姿。真摯なプレイ。以前、荏原の納涼祭にお邪魔した際に見せてくれた腹筋競走での圧倒的な腹筋回数と速度に驚いたことがある。それだけ鍛えられる精神力があったのだろう。

#10 サキ
始めてみたときに、こんなにもシュートが入るのか?と目を疑った記憶がある。とにかく当たり始めたら止まらないと言う表現がピッタリの選手だった。淡々と放つシュートは相手チームの脅威だったに違いない。

#3 キョウ
数週間前、引退を知らされた時は、正直、驚きが大きかった。
まだまだ「やれる」と思っていたからだ。
実際、技術的にも体力的にもやれるだろうと、今でも思っている。
しかし、もっとも肝心なのは、本人の“気持ち”なのだろう。
これだけのレベルで戦っていくには精神的なものも大きな要素になっていく。
その持続が難しくなってきたと言うことだ。
確かに、キョウのプレイは、気持ちを前面に出し気迫溢れる動きをする。
もうキョウの戦う姿が見られないのは残念な事だが、試合が終わった後の顔が「やり遂げた」って顔をしていた。
ミニバスから始まった、バスケ選手人生、本当にお疲れ様!!


ヴィッキーズは4人の選手が引退した。
それぞれの選手がヴィッキーズをここまで押し上げる原動力となったことは、まぎれもない事実だ。
気が早いが来シーズンは厳しい戦いになるだろう。
だが、ヴィッキーズには彼女たちの意思を引き継いだ心強い選手たちがいる。
そして、それを率いるのはリーダーとして頭角を現してきたチカだ。
来シーズンも応援に駆けつけるので、すばらしいプレイを見せて欲しい。



キョウ
お疲れ様でした。そして ありがとう!!
もっちみっちが、キョウの気持ちを受け継ぐと言っていた。
特に 今、もっちに足りないものは、キョウが見せてくれたものだ。
きっと伝わっている。
最後までキョウを必死で応援したもっち。次は、もっちがそれを見せる時だ。
頑張って行こう。
是非、今度 もっちとみっちが引き継いだところを見に来てください。
本当にお疲れさまでした!!
スポンサーサイト

テーマ : ミニバス - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © もっち・みっちのミニバス奮闘記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。